誰にも内緒でお金を借りる方法

お金を借りるときには、いろいろなことが気になりますよね・・。
金融会社から融資を受けるときに気になる悩みを解決しましょう!

 

人気コンテンツ

即日融資
今日中に借りれるの?

平日の夜でも土日休日でも今日中に借りる方法はあります。

今すぐお金を借りる

内緒です
内緒で借りれるの?

電話連絡なし、郵送物なしで借りれるWEB完結のローンとは?

バレずにお金を借りる

主婦OK
主婦でも借りれるの?

主婦でもパート・アルバイトで安定収入があれば大丈夫です。

主婦でも借りれる

 

お金を借りるときの悩みを解決

 

今すぐ借りれるの?

間に合うかも

申込み・契約の時間や、借り入れの方法によって、今日中に借りれるかどうかが変わってきます。まだ間に合うかも知れませんので要チェックです!

今すぐ借りたい方はこちら

 

 

会社や家族にバレない?

バレたくない

在籍確認の電話が会社にかかってきたり、郵送物が自宅に届いたりするのは嫌ですよね。誰にも知られずにお金を借りたい方はこちらをチェック!

誰にも知られたくない方はこちら

 

 

カードを持ちたくない

カードなし

ローン用のカードがあるとイザというときに便利ですが、人に見られたくないのでカードを持ちたくない人もいますよね。そんな方はこちらをチェック!

カードレスにしたい方はこちら

 

 

毎月の返済が心配

返済は少なく

お金を借りるときに金利は重要ですが、金利が低いから返済額が少ないとは限りません。毎月の返済額を抑えたい方は最低返済額をチェック!

返済額を抑えたい方はこちら

 

 

審査に通るか心配

間違いなく

お金を借りるためには審査がありますが、必要書類や収入状況などで不正確な情報を伝えて審査につまづかないようにチェックしましょう!

審査でつまづかないコツはこちら

 

 

 

そんな悩みをすべて解決してくれるのが、プロミスです!

お金を借りるなら、おススメはコレ!

 

ネットで申込・契約なら!

プロミス

  • 即日融資(※)も可
  • WEB完結も可
  • カードレスも可
  • 無人機受取も可
  • 詳細

アコム

  • 最短1時間融資可能(※)
  • 楽天銀行なら早い
  • 返済は定率リボ方式
  • むじんくん受取も可
  • 詳細

アイフル

  • 即日融資(※)も可
  • 配達時間指定も可
  • 本人様限定配送
  • 無人契約機も可
  • 詳細

(※)受付時間や振込口座等によっては、翌日以降となる場合あり。

3サービスの比較はこちら

メニューに戻る

今すぐお金を借りるなら!

キャッシングや振り込みによって簡単便利にお金を借りることのできるローンは、消費者金融や銀行などに色々あります。

 

最近ではスピーディーな対応で人気の金融商品が多くなってきました。

 

多くのローンに共通している特徴としては、

  • インターネット(PCやスマホで申込みができ、窓口に行かずに契約できる
  • スピーディーな審査時間で、申込み方法や時間によっては即日融資も可能
  • コンビニその他提携ATMで借入・返済も可能(手数料の有無あり)
  • 審査によって決まる利用限度額により金利が異なる
  • 利用目的は事業性資金を除き自由で、無担保・無保証人で借りられる

今すぐにお金が必要!お金が欲しいという方

 

特徴的なサービスとしては、

  • すべてをWEB完結することも可能で誰にもバレずに借りれるサービス
  • 書面での在籍確認も可能な在籍確認の電話なしサービス
  • カードなしも選択可能なカードレスのキャッシング
  • 契約日や初回借入日より一定期間無利息になるサービス
  • オペレーターが女性対応のみなど、女性専用サービス

誰にも知られず、家族にもバレずにお金を借りたい方

職場への在籍確認電話が気になる方

 

銀行の場合の特徴としては、

  • 個人の借り入れ額に対する総量規制(※)の対象とならない
  • 一定の利用限度額(商品により異なる)までなら、収入証明が不要
  • その銀行の預金口座が必要、もしくは預金口座があれば優遇
  • 消費者金融と比較して金利は低めですが、その分審査は比較的厳しめ

(※)総量規制とは、個人の貸金業者からの借り入れ額を年収の3分の1とする、貸金業法上の規制。

利息が気になる方

審査が気になる方

 

など、いろいろな特徴がありますね。

 

 

お金を借りるならどこ?

 

メニューに戻る

お金を借りることについて

多くの人がお金を借りる方法として一般的なのは、銀行や信販会社などからの住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、目的に応じた長期的な低金利の融資でしょうか。

 

ところが、とある調査会社によれば、最近3年間にカードローンやキャッシングサービス等の融資を利用した経験のある人は全体の1割近くにものぼったそうです。

 

また、ある銀行の調査によると、サービス契約者の3割近くが定期的に利用し、低収入者より高収入者の方が定期利用率が高いという結果も。

 

融資を受ける目的としては、約半数が娯楽や交際費、約4割の人が生活費で、理由としては、「限度額の範囲内で何度でも借りられる」のが最も多く、次に「審査などの対応スピードが速く必要なときにすぐに借りられる」、「申込みがネットからできて簡単」と続いています。

 

1回に借りる金額としては、1~2万円が最も多く、20万円未満の方が約9割を占めているのです。

 

カードローンやキャッシングサービスは、過去に「サラ金(サラリーマン金融)」と言われた頃の悪いイメージのある商品ではなく、慎重な審査をしながらも「簡単申込みで便利な、お金を借りる方法」として認識されており、その需要は今後も拡大していくと思われます。

 

住宅や車など目的に応じて多くのお金を借りるだけでなく、日常生活の中でライフスタイルに合わせて、「必要なときに」「今すぐに」「必要な額だけ」お金を借りることのできる、簡単かつ非常に便利な融資として今後もさらに定着していくことでしょう。

 

メニューに戻る

キャッシングの選び方や利用法

カードローンなどキャッシングサービスは様々な機関によって提供されているようですが、金利を優先するのか、借り入れられるまでの時間を優先するのかなどにより、最適なサービスが変わりますよね。

 

最近の大手消費者金融は、審査が早く申込みや契約の仕方によっては即日融資が可能など、簡単便利でスピーディーな対応が特徴となっています。。

 

一度契約しておけばあとは手続きなしで追加融資してもらえたり、限度額の範囲内なら自由に何度でもお金を借りることが出来る極度型ローンなので、万が一の時の備えの為に今すぐ契約しておいても損は無いでしょう。

 

突然ペットが衰弱してしまい

私は突然に愛犬が衰弱してしまい、給料日目前でペットの治療費がどうしても出せなかったときに消費者金融を頼ってお金を借りました。

 

ペットの治療費でお金を借りる

 

キャッシングは突発的な利用でも非常に快く対応してくれますし、私の場合には審査が終わるまで40分ほどしか時間がかかりませんでした。意外なほどあっさりとお金を借りることが出来たので、世の中便利になったものだと驚きました。

 

同居人や家族にも一切知られずコッソリお金を借り入れられましたし、私の場合は無人店舗を選んだので誰とも顔を合わさずに済んで非常に気が楽でした。

 

毎月の返済額も数千円と少額なので、大きな負担になることもなく生活に支障をきたすこともありませんでした。

 

そう頻繁にはお世話になろうとは思いませんが、この先も何があるかわからないので、金融会社からお金を借りると言う場面は今後もあるのでないかと思っています。

 

イザというときの為の備えとして、完済後もキャッシングの枠を確保しておくつもりです。

 

メニューに戻る

 

給料が減額され生活が苦しく

私は零細企業で働いていたので元々給料が少なくて生活するのにもあまり余裕がありませんでした。

 

そんな時に会社が赤字になってしまったようで給料がさらに減額されてしまいました。そのため生活がさらに苦しくなってしまって生活費が足りなくなってしまいました。

 

最初は定期的に食事を抜いて食費を節約していましたが、食事を抜くと健康面で問題が出てしまうのでお金を借りるしかないと思ってキャッシングを利用する事にしました。

 

とりあえず5万円ぐらい借りれればいいと思って消費者金融のアコムに申し込む事にしました。アコムの無人契約機のむじんくんが自宅近くに設置されていたのでそこで申し込みをしました。

 

むじんくんは個室ブースのような感じになっていて外から中の様子は見えないようになってしました。そのため周囲の視線を気にしないで申し込む事が出来ました。

 

むじんくんの中には機械が設置されていて画面の指示に従って操作していく形でした。また電話が備え付けられていたので不明点があった時にオペレーターの方に質問する事が出来ました。そのためスムーズに手続きが出来て契約完了しました。

 

契約が完了したらすぐにカードが発行されたので、その後ATMで5万円借りる事(即日融資)が出来ました。そのため生活費に充てる事が出来たので助かりました。

 

今回は消費者金融のアコムからお金を借りる事が出来て助かりましたが、キャッシングをするという事は借金をするという事なのでその辺りを自覚して利用しないといけないと思いました。

 

メニューに戻る

 

自費出版のために

自分は自費出版で小説を出版しようとしていますが、出版社に相談すると、総額250万円必要と言われました。

 

そんな大金はもちろん用意できず、出版をあきらめようかと思いましたが夢はあきらめきれず、何とかお金を工面する方法を模索しました。

 

親や親戚、友人にも断られ、残った方法は銀行や金融会社からの借金でした。具体的にはカードローンです。

 

複数社のカードローンを契約し、何とか250万円を工面しましたが、その際に思ったのは、お金を借りるというのは大変だということです。

 

カードローンの契約の際は、職場に在籍確認があり、時間もかかりました。

 

お金を借りるということは、もちろん返済していかなくてはいけませんが、月々の返済額も決して安くはない金額です。

 

月々の返済額を滞りなく用意することは、日々の生活費もかかる中、決して簡単なことではありません。

 

できるなら借金はしたくなかったですが、でも夢のために、どうしてもお金が必要で自分はお金を借りる時に考えました。

 

夢をあきらめれば借金しなくて済むけど、夢を追いかけることをあきらめたら、必ず後悔すると思ったのです。

 

これから借金をしようと考えている方にお伝えしたいことがあります。

 

借金するということは、先々の返済計画も考えなければいけませんし、不意の出費もあるかもしれませんので、できるだけ最悪の事態を想定して下さい。

 

そして、その事態を乗り切れると見通しが立った場合のみお金を借りるべきだと思います。

 

少し生活費が苦しいから、遊ぶ金が欲しいから、という安易な考えで借金することはおすすめしません。

 

どうか、借金を軽く考えないでほしいと思います。

 

メニューに戻る

新着記事

2016/12/09 11:47:09
ちょっと前までは、借金と言ってもあまりピンと来なかった時代がありました。それは無知だからなどでは無く、単に「生活していくため」や「事業を起こすため」に借金をする人がほとんどで、しかもしっかりと計画を立てて借金をしていたので、借金に潰されるということがあまりありませんでした。しかし、景気の落ち込みや娯楽の多様化などでお金に困る人が増え始...
2016/12/06 13:01:06
銀行の個人向けカードローンやフリーローンは、そのユーザーの与信情報を信用保証会社から得ています。簡単にいうと、消費者金融や信販会社と提携してカードローンやフリーローンのサービスを提供しています。つまり、銀行のローンの審査情報を提供しているのは消費者金融だということです。それはメガバンクと言われる大手都市銀行でも変わりありません。例えば...
2016/12/06 12:54:06
いくら手を尽くしてもお金が用意できない状況になったら、どうして良いのか呆然としてしまいます。お金がないことを事実として突きつけられれば、その心はかなり落ち込みます。ですが、他人を頼ることに慣れている人なら「誰かからお金を借りれば良いんだ」という発想にいたりやすいです。お金を借りても返すことさえできれば、トラブルになりません。つまり、お...

このページの先頭へ戻る