少ない返済額でお金を借りるなら

大手消費者金融の返済最低額をチェック

借入残高

5万円 10万円 30万円
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 3,000円 5,000円 13,000円
モビット 4,000円 4,000円 11,000円
アイフル 4,000円 4,000円 13,000円

大手消費者金融4社の比較はこちら

お金を借りる時は、誰もが必ず金利をチェックすると思います。

 

カードローンの場合は「下限金利~上限金利」のように幅のある表示となっています。

 

金利は利用限度額に応じて設定されますが、初めての方なら利用限度額は多くありませんので上限金利を参考にすることになります。

 

しかし、ここで注意しないといけないのが、金利が低くても毎月の返済額が少ないとは限らないということです。

 

毎月の返済額は、借入残高に応じて決められますが、最低返済額が設定されており残高が少なくても返済額が少なくないローンもあるからです。

 

銀行の場合は消費者金融に比べて返済最低額は多めになっていることが多いです。

 

消費者金融なら返済最低額が1,000円~というローンもあります。

 

そんなに多額のお金を借りるのでなければ、利息もそんなに大きくなりませんので、金利よりも返済最低額が少ないローンのほうが助かります。

 

返済は少しずつがいい

 

一定割合と一定金額

返済額は、借入残高の一定割合で算出する場合と、残高に応じて決められた一定額の場合があります。

 

一定割合の場合は、1,000円単位(1,000円未満は切り上げ)で返済額が算出されます。

 

借入残高との関係

「一定割合」は残高に応じて変わる場合と、残高には関係なく契約極度額によって決まる場合などがあります。

 

「一定額」が変わる残高の区切りは10万円、30万円、50万円、・・・など商品によって異なります。

 

一定額の場合、借入残高が少額であっても一定割合のようには返済額は少なくなりません。

 

ただ、できるだけ少額で区切られているほうが、より少なくすることができます。

 

ページTOPへ


このページの先頭へ戻る